東京電力に対する損害賠償請求の和解事例のご紹介②

[和解日:平成25年3月1日]

警戒区域内に居住していた60代男性及び60代女性について,

  • ①同居と同視しうる関係にあった長男家族と別離を強いられたこと
  • ②避難所の移動の回数が多かったこと
  • ③重度又は中程度の持病があること

等を理由として,二人で合計61万円の避難慰謝料(平成23年3月から翌年2月までの範囲)の増額、その他携帯電話費用の増加分、通院慰謝料等、総額で99万7754円の賠償が認められました。

コメントは受け付けていません。